読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マーニの日記

Creemaでハンドメイド作品の販売をしています。 出品作品のこと、趣味の読書、日々のことなど綴っていきたいと思います。 どうぞよろしくお願いします。

「松島 瑞巌寺と伊達政宗」展

三井記念美術館で開催されている「松島 瑞巌寺伊達政宗」展に行ってきました。

 

三井記念美術館は初めて行ったのですが、さすが三井グループというか、内装が高級感たっぷりです。いつも行く上野の国立美術館・博物館とは雰囲気が違いますね。

美術館としては規模は小さく、展示品も少なかったのですが、内容はとても充実していて行って良かった!

 

特に、瑞巌寺所蔵の「五大明王像」は滅多に見られない超貴重なもの。(明王様を「展示品」扱いするのは恐れ多いですが…)

何せ本来は33年に一度しか御開帳されないのです!

 

それも平日だったこともあり、かなり空いた状態で間近でじっくりと堪能できました♪

平安時代につくられた木像だそうで、生き生きとした動きの感じられる手や足の表現が素晴らしいです。

伊達政宗が子供のころに不動明王像を見て、「仏様なのになぜこんなに怖い顔をしているのか」と聞いたというエピソードは結構有名ですが、その時の不動明王様はこちらの像なのでしょうか??

 

そのほかにも、伊達政宗直筆の絵や手紙、愛用のブローチや陣羽織など、見ごたえたっぷりで大満足でした。徳川家康の書状もありました。

 

展示と関係ないですが、三井記念美術館はお手洗いがちょっと落ち着かないですね…。

個室(洋式)のドアの床上30cmくらいまでドアがなくて、足もとが外から見えてしまっていて…。

防犯か何か目的があってのことなんでしょうけど、ちょっと驚きました。